ブラック入りでも借りられる街金は即日融資も可能な業者もあります

街金と聞いて違法性のある貸金業者なのではと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、正規の貸金業者なので安心して利用できます。もし心配の方は、金融庁のホームページにある登録貸金業者情報検索入力ページで調べられます。また業界団体の日本貸金業協会のホームページにある協会員の検索で調べられます。これらに載っていない貸金業者は、闇金の可能性が高く注意が必要です。つまり簡単に言えば、街金とは地元に根差した中小・零細の消費者金融のことなのです。街金のメリットは、審査が甘めで、大手の金融機関で借りられない方でも借りられる可能性があることです。なぜなら街金は過去に返済が滞ったり、債務整理をしてブラックリストに載っている方でも、現在の返済能力で融資可否を判断するからです。ですから過去に失敗した方でも、現在問題無ければ審査に通る可能性があります。次に金利が利息制限法の範囲内なので、大手消費者金融と変わらないことです。

大手消費者金融では100万円までの借り入れなら、年18%の金利となります。一方街金は10万円未満は年20%、10万円以上なら年18%となっている場合がほとんどです。細かく金利が設定されている理由は、街金が10万円未満の貸付に特化しているためです。次に街金のメリットは、最近即日融資を行う業者が増えていることです。(即日融資の体験談や口コミなど)即日融資を受けるには来店契約が必要な業者も多いですが、愛媛県に本社を置くセントラルなら振込み融資も可能です。また自動契約機を設けている珍しい貸金業者でもあります。次に街金のデメリットも紹介しておきます。まずは10万円前後の少額融資となるケースが多いことです。この点は大手消費者金融でもその傾向にあるので、仕方ないことかもしれません。また必要書類として収入証明書の提出がほとんどの貸金業者で義務づけられていることです。大手消費者金融なら50万円までの借り入れの場合、原則収入証明書の提出は不要です。