法定の金利でも借入注意

借入をする場合金利はつきものです。法定金利において借りる金額によって割合が違います。挙げてみると借りる金額が10万円未満なら20%ですが10万円〜100万円未満は18%となり100万円以上が15%と金額が大きい方が上限値が低く設定になっています。それを超える金利の借入は法律違反になるのでもし違法で組まされてしまった場合は知っていてやっている恐れがあるのでおまわりさんや弁護士などに相談した方が安全です。そして法定金利であっても返済が長期になる場合利にあたる金額が雪だるまのように大きくなるので契約前に試算して長期返済のデメリットを確認した上でどうするか決める方が堅実な返済が行えます。一応5年以上にわたる長期返済の場合は過払い金が発生する可能性が高くなります。戻ってくるお金は平均して120000円前後の金額が目安となっています。それをするにあたって弁護士などに頼んでいるならさらに金額が低くなります。借りている金額によっては意味がない結果も想定する必要があります。利だけではなく返済の延滞などで遅延損害金が発生すると法定金利以上のペナルティーが発生します。これは返済とは別のお金であるので返済金額とは別に出費になる仕組みなのでカツカツの支払い計画をしていると飛んだ出費になるので借入にあたっての金銭管理は非常に重要です。

また借入をしたお金の用途と返す能力があるかは審査などにも関わることが挙げられます。お金の用途が生活費である場合生活自体にすでに支障が起きている点としっかりした仕事先や年収や転職の塩梅から果ては携帯などの支払いに延滞がないかといったところは真っ当な業者であれば審査のチェックに該当します。これらに問題があるのに審査が通った場合金利だけではなく遅延損害金の問題で苦しむリスクが起こり得るところです。スマートに借り入れるなら低金利のところを短期で返済する方向性であることが余計な出費が起きず安心です。